2013年05月02日

有田陶器市で見つけたオリジナリティ溢れるオブジェたち。

有田陶器市で見つけたオブジェ

開催初日の有田陶器市へ行ってきました。
初日とは言っても、2日ぐらい前からフライングぎみに開催されているらしいので、公式での初日ということですね。
当日は小雨が降ったりやんだりの状態で、ちょっと肌寒い感じでしたが、それでも会場は熱気で溢れていました。
そんな熱気ムンムンの会場で撮影した陶磁器の写真を、勝手にいくつかご紹介したいと思います。

続きを読む
posted by a2me at 23:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | アート作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

だまし絵にだまされるな!

トリックアート

一休さんの頓知話の中に、屏風に描かれた虎を退治するお話があります。

意地悪なお殿様が「屏風の中に描かれた虎を退治してくれ」と一休さんに無理難題を押し付けたところ、一休さんは「退治する準備ができたので、早く屏風の中から虎を出してください!」と見事な頓知を利かせる・・・というお話です。

このお話は、描いたものが絵の中から出てくるはずがないという前提があるからこそ成り立っています。
ところが、先日このお話と似たようなことが、現実に起きてしまいました。

続きを読む
posted by a2me at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

子供も楽しめる! アートなおもちゃの作り方!

アートなおもちゃ


おもちゃ作りは楽しいものですよね。
プラモデルやラジコンカーもそうですが、おもちゃを作る時は、作っている最中が一番楽しいはずです。
そんなおもちゃ作りの楽しみを、ご家庭にある“あるもの”を使って、誰でも簡単に味わうことができるのです。

続きを読む
タグ:アート作品
posted by a2me at 14:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

アニメキャラのあの部分をチョコで再現してみました。

アニメキャラのあの部分をチョコで再現してみました。

2月14日はバレンタインデーですね。

べつにバレンタインデーだからというわけでは無いのですが、甘いもの好きな私にとっては、チョコレートは365日いつでも食べたいわけです。
しかも、世界にひとつしかない手作りチョコとなると、やはりチョコとしての魅力も倍増されますよね。
そこで、バレンタインデーという大義名分のもとに、私も人生で初めての手作りチョコレートを作ってみようと決心しました。
もちろん自分用にです!

続きを読む
タグ:アート作品
posted by a2me at 04:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | アート作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

明日のハロウィンパーティはクマになる!

ハロウィンパーティ

イベント好きの日本人にとって、みんなで集まってわいわい騒ぐための大義名分・・・それがハロウィンパーティです(ウソウソ)
そんな理由から、私も久留米の某所で開催される、明日のハロウィンイベントに参加することになっているのですが、ここで最大の問題に直面しました。
そう、“何に仮装するか”ということです。
10秒ぐらい悩んだあげく、「バーソロミュー・くま」に決定しました。

続きを読む
posted by a2me at 17:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | アート作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

かりんとうアート作りました!

かりんとうアート

久しぶりに、立体造形に挑戦してみました。
平面作品を作るのもいいのですが、立体作品を作るのも、とても楽しいです。
小学生の時の“図画工作”の時間を思い出してしまい、ついつい夢中になって作品制作をする自分に出会えました。
そして完成した作品が、以下の通りです。

続きを読む
タグ:アート作品
posted by a2me at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

チャンスの神様捕まえた!

チャンスの神様

前回のエントリで、『チャンスの神様』につての説明をしましたが、私の前には現れてくれないのか、それとも私が気付かないだけなのか、なかなか巡り合う事ができません。
そこで、多少強引な方法でチャンスの神様の前髪を掴む事にしました。

ショート・ショートで有名な星新一氏の作品の中で、不思議な扉を開けるために、世界中を巡って鍵を探すも見つからず、結局、自分で鍵を作ってしまうという作品がありましたが、はっきり言ってそれと同じノリです。
そう、自分でチャンスの神様を作ってしまったのです。

 続きを読む
posted by a2me at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。