2007年11月12日

私には真似できない美学

toyo-lex.jpg

建物や工業製品、印刷物やファッションなど、世の中にある自然以外のほとんどの物は、何かしらデザインされたものです。
そのデザインそのものはとても洗練されているのですが、使い方や組み合わせを間違うと、とてもかっこ悪い形に見えたり、かっこ悪い動きに見えたりするものがあります。
これは単にビジュアル的なものだけではなく、なぜそうしてしまったのか、その行為自体のかっこ悪さの部分が大きいかもしれません。

私の超個人的観点から見たそれらを、下記にまとめてみました。

 1.首の後ろにサングラスをかける
このファッションを実行している人を1ヶ月に1回ぐらい見かけますが、はっきり言って意味がわかりません。
機能的なものがファッションへと移行することはよくありますが、その機能の部分が全く思い付きません。
首の後ろのサングラスが落っこちないように、何度も手で位置を確認している人を見た事がありますが、なぜか私の方が恥ずかしくなりました。

2.『TOYOTA』のエンブレムを『LEXUS』に付け替える
ホームセンターの駐車場で、自分の愛車の『TOYOTA』エンブレムを『LEXUS』エンブレムに一生懸命付け替えている人を見た事がありますが、それで、その車がレクサスになるのですか?

3.タバコを吸いながらギターを演奏する
あるバンドのギタリストが、ある音楽番組での演奏直前に、あわててタバコに火を付けている姿が一瞬画面に映ったのですが、そこまで無理して吸わなくても…
と思いました。

4.pentiumVのPCに、pentiumWのシールを貼る
3年ぐらい前に、pentiumV搭載のPCにpentiumWのシールを貼るという、かっこ悪い行為を見ました。そんな事をしてしまった人は誰だったかな…
そう、私だ!

5.DreamWeaverの威を借る狐
サイトの制作にDreamWeaverを使用しているというだけで、ホームページビルダー使用者より優れたサイトを制作していると思い込んでいる人。
WEBサイトを作るのはソフトではありませんよ。

6.プライドが高すぎる制作者
例えば、制作したCMが社会的に問題視(例:新聞配達員が猛獣に変身する等)され、作り直す事になっても、自分のプライドを守るため、また同じようなCMを作ってしまう人。またはその広告代理店。


その他、車のダッシュボードにファルコンの毛皮が敷いてあったり、電車の中で周りの目を気にしながらイヤホンから流れる音楽に乗って上下運動していたり、私には恥ずかしくて出来ない行為ばかりです。

ですが、これらはあくまでわたしの個人的な感覚なので、上記に該当する人からすれば、私の方がかっこ悪い事をしている人となるわけです。

人それぞれ個性があっておもしろいですね。これからもみんなでそれぞれの個性を伸ばしていきましょう!


タグ:これはNG
posted by a2me at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイディア・個人的妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。