2007年11月05日

今なお色あせない、すばらしいデザインのバイク

mantra.jpg

2輪界のフェラーリと言われ、そのラインナップはすべてがレーサーレプリカという強い信念をもったメーカー『Bimota(ビモータ)』ですが、10年ぐらい前に、レプリカではない異色のバイクを発表しました。
それが、私が一番ほしいと思うバイク『ビモータ・マントラ』(写真のバイク)です。
当時、その洗練されたデザインと奇抜さで、私の心はマントラの虜になり、いつかほしいな〜と思いながら、レッドバロンまで見に行ってたほどでした。
あれから10年ぐらい経った今見ても、このバイクのデザインは全く色あせていませんでした。

特にマントラのような挑戦的なデザインの商品は、好みが大きく分かれるため、好きな人はとことん好きになるのだと思います。
万人にウケる事を全く考えていないBimotaだからこそ販売する事ができた、夢の仮面ライダーバイクです。
時代に左右される流行の面から見ると、車もバイクも、ポリカーボネイト製の大きな変形ヘッドライトが主流の今では、この小さなヘッドライトが以前思っていたよりも尚更かっこ良く見えてしまうのは私だけでしょうか?
マントラのデザインは、今でも私の中でナンバー1のバイク(デザインだけは)だと再確認しました。


この記事へのコメント
はじめまして。
大阪でmantraに乗っているShinyaといいます。

もちろん私もmantraのデザインは大好きですよ。

またのぞきに来ます!。
Posted by Shinya at 2007年11月11日 01:35
mantraに乗っているとはうらやましい限りです。
私もいつか手に入れたいと思っています。
でも、mantraに似合うヘルメット選びでまた悩みそうですが…
Posted by a2me at 2007年11月13日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。