2015年03月28日

昔の授業のノートを覗いてみる。

昔の授業のノート

中学・高校の頃に使っていた授業のノートが見つかったので、恐る恐る中身を確認してみました。
記憶の中ではまじめに勉強していたはずなのですが、予想外に落書きが多かったです。
そんな落書きを見ながら、当時を少しだけ懐古したいと思います。

はじめのうちは、空きスペースに小さな落書きをしている程度でした。
ノートの落書き


ところが段々と落書きのスペースが大きくなっていきます。
ノートの落書き


そのうちノートの上のスペースに漫画を連載し始めています。
自分で言うのも何ですが、これらの漫画は意外とおもしろかったです。
ノートの落書き


挙句の果てには、ほとんど見開きいっぱいに落書きしてあり、我ながらあきれました。
ノートの落書き


授業の内容はシャープペンシルで書いているのに、落書きはボールペンで描くというパターンのようです。
落書きのほうこそ消さなければならない場面がありそうなのに、なぜ…
ノートの落書き


ボールペンは線が濃くてハッキリしているので、それが好きだったのだと思います。
ノートの落書き


授業中にこのような落書きをしているとは、先生も想像していなかったでしょう。
いや、実はバレバレだったけど、やさしく見守ってくれていただけなのかも。
ノートの落書き


何かの設定っぽい落書きもチラホラ。
ノートの落書き


丁寧に着色までしてある「ブリード加賀」が出てきたのは意味不明です。
でも、当時の「いのまたむつみ」のキャラクターデザインはとても良かったですね。
サイバーフォーミュラのブリード加賀


こちらは高校の時に使用していた、万能ノートの「なんでも帳」
なんでも帳


このノートは、連絡帳としての役割と落書きのために存在していました。
ただ、授業のノートを忘れた時には、その代用もしていたようです。
ノートの落書き


ちょっとしたアイディアのメモが結構あります。
ノートの落書き


中学生の頃と比べても、だんだん落書きのレベルが低くなっている気がします。
ノートの落書き


今なら絶対に描かないような落書きがたくさんあって、新鮮な感じです。
ノートの落書き


今よりも、のびのびと楽しく描いているのが伝わってきます。
ノートの落書き


よく考えてみると、何かの目的を持って落書きをすることはあっても、何も考えずにのびのびと意味不明な落書きをすることって、最近はもう無いですね。
最近というか、高校生の時以来、ずっと無いかもしれません。

時々は、仕事のこととか趣味のこととか関係無く、何も考えずにのびのびとペンを走らせてみるのも良いものだなと思いました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。