2014年10月18日

トミカ「ハスラー」はカラーリングがいい感じ。

トミカ ハスラー

第3土曜日は「トミカの日」ということで、今日が発売日となっている「ハスラー」を購入してみました。
もちろん私が乗っているハスラーと同色ということで、初回限定カラーの「赤」です。

ボディの赤は、実車の赤と同じく、ワインレッドっぽいメタリックがきっちりと再現されています。

アンダーガードっぽい、シルバーの樹脂パーツが再現されていないのが残念ですが、バンパーなどの無塗装部分はつや消しの黒で塗装してあり、塗料の選択にはこだわりを感じます。

本物と比較してみても、20分の1というサイズからすると、なかなかよくできています。

トミカと実車の比較


ミニカーをキーボードの上に置いてみました。
キーの厚みが4mmぐらいなので、実車のスケールで換算すると、8cmぐらいということになりそうです。
実車もこれくらいのオフロードなら、なんとか走ることができそうですね。

オフロード走行の実車換算


あっちなみに、可動部分としては、バックドアが開きます。
車内のインテリアも結構細かく再現されていて、後部座席は荷物が積みやすいように、フラットにしてあるようです。

バックドアのオープン時


ボディが金属製ということもあり、独特の重厚感があるので、スズキからもらったミニカーのハスラーよりも所有感はあります。

トミカのハスラーは、オレンジとレッド(初回限定カラー)の2種類があります。
同色のハスラーを所有している人は、とりあえず話のネタなどにもなるので、購入して損は無いと思います。



関連するオススメ記事
ハスラー MT のギアオイルを交換。
スズキ ハスラー 5MTのシフトノブを交換。
スズキ ハスラーの5速マニュアル車についてのいろいろ。
100円ミニカーのクオリティを、トミカや手作りミニカーと比べてみる!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。