2013年05月02日

有田陶器市で見つけたオリジナリティ溢れるオブジェたち。

有田陶器市で見つけたオブジェ

開催初日の有田陶器市へ行ってきました。
初日とは言っても、2日ぐらい前からフライングぎみに開催されているらしいので、公式での初日ということですね。
当日は小雨が降ったりやんだりの状態で、ちょっと肌寒い感じでしたが、それでも会場は熱気で溢れていました。
そんな熱気ムンムンの会場で撮影した陶磁器の写真を、勝手にいくつかご紹介したいと思います。

今回ご紹介しようと思う作品は、お皿、カップ、花瓶などの「器」ではなく、アート作品としての「オブジェ」に焦点をあてて見てみたいと思います。
一応、このブログはデザイン系のブログなので!

小雨が降っているということもあり、一眼レフカメラを持っていくべきかどうか迷いましたが、持っていって正解でした。
写真に残しておきたくなるような、魅力的でおもしろい焼き物がたくさんありましたよ!
有田陶器市のメインストリート


ではさっそく、一番バッターはこちらです。
カエルのようでカエルではなさそうな、不思議なキャラ…宇・宙・人?
アートなオブジェ


フクロウのオブジェ。
梟は、「不苦労」などと表現され、縁起の良い置物のようですね。
アートなオブジェ


棚に並べられた小物集。
お地蔵様とフクロウは、縁起が良いためか、モチーフとして多くの作家さんが採用しています。
アートなオブジェ


かわいい狸の置物です。
小さいものの集合体は、だいたいかわいいです。
アートなオブジェ


2人組の鬼。
右の鬼はまだ心がやさしそうですが、左の鬼はほんとにワルいですね。
アートなオブジェ


焼き物のマグネット。
これも小さいものの集合でかわいいです。
冷蔵庫にペッタンしてコレクションしたくなります。
アートなオブジェ


上のマグネットの置物バージョンかな?
バリエーションが多すぎて、見ているだけで楽しいです。
アートなオブジェ


同じ作家さんの、ちょっと大きなシリーズ。
いじけてる猫がちょっとこわいかも…
アートなオブジェ


犬と猫の戦士シリーズ。
ちょっとかっこいいかも…
アートなオブジェ


パグのボクシング。
これ、実物はかなりかわいいです。
アートなオブジェ


幸運が訪れそうな、金ピカのブタの貯金箱。
プレゼントにも喜ばれそう。
アートなオブジェ


箸置きと爪楊枝入れかな?と思うのですが、うまくキャクター化しています。
アートなオブジェ


パグとブルテリアとカエルですね。
カエルをモチーフにしている作家さんも多かったです。
アートなオブジェ


結構大きなオブジェですが、揃いも揃って、3体ともちょっと不気味な感じがします。
アートなオブジェ


一輪挿しの花瓶かと思いきや、20輪挿しぐらいあります。
何かに使うためのものというよりは、このようなアート作品なのでしょう。
アートなオブジェ


全高が1m以上ある、巨大なベティちゃんの置物。
購入しても置き場に困りそうです。
アートなオブジェ


ちょっと怖そうなシリーズですが、よく見ると愛嬌のある表情です。
この作家さんの作品は、無性に心惹かれます。
アートなオブジェ


同じ作家さんの、とても小さな作品。
タイトルは「福しょって帰る」
アートなオブジェ


これも表情がイイですね!
アートなオブジェ


これもなんともいえない魅力があります。
おじいちゃん楽しそう!
アートなオブジェ


上の4つの作品もですが、この作家さんは、どこからこんな斬新なアイディアが出てくるのでしょうか。
それぞれのキャラの個性が光っています。
アートなオブジェ


上のアップ写真です。
個人的に「怪獣くん」と「への河童」がお気に入りです。
アートなオブジェ


壁に掛けるオブジェでしょうか。
純粋にイラストがかわいいです。
アートなオブジェ


この作家さんがつくる人物は、命があるかのような、生き生きとした表情をしています。
アートなオブジェ


同じ作家さんの作品で、タイトルは「コーラスガール」
全部集めたくなります。
アートなオブジェ


それぞれに個性のある表情をしています。
アートなオブジェ


これも同じ作家さん。
この世界観も好きです。
アートなオブジェ


今回見た作品の中で、一番気になったのはこれです。
アートなオブジェ


このなんともいえない愛嬌がイイです!
アートなオブジェ


こちらは毎年購入している「空」をイメージした人形です。
この作家さんが初期の頃から制作しているシリーズです。
アートなオブジェ


ちょっと大きいサイズのものがありました。
アートなオブジェ


今年購入したものは、いままでになかった、赤ちゃんサイズのものにしてみました。
アートなオブジェ


自宅のコレクションはこんな感じになってます。
アートなオブジェ


というわけで、今年の有田陶器市で撮影した、アートなオブジェの一部をご紹介しました。
もちろん会場では、このようなオブジェ作品は少数派であり、お皿などの陶器がメインで販売されています。
お皿などの陶器も、いろいろな形や表情があって、実はオブジェ作品よりもおもしろかったりもするので、それはそれで見ごたえはあります。
そして、これは毎年思っていることですが、それらの作品を間近で見ることで、創作意欲を刺激されます。
世の中のすごい作家さんの作品を目の前にして、何かこう、メラメラと燃え、萌えてくるものがあるのです。

とにかく、見るだけでも十分楽しめるのが有田陶器市です。
連休の予定が特に無いという人は、ぜひとも足を運んでみてはいかがでしょう。
ちなみに、開催期間は5月5日までなので、まだまだ間に合いますよ!



関連するオススメ記事
2015年も有田陶器市は熱かった!
有田陶器市は最高レベルのデザイン展でもあるわけで。
私が唯一集めているもの。
posted by a2me at 23:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | アート作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
「福しょって帰る」の作家さんがとても気になります。よろしければさっか
Posted by ふみこ at 2014年05月11日 22:05
すみません。途中で投稿しちゃいました!
よろしければ、作家さんのお名前か、窯元を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします!
Posted by ふみこ at 2014年05月11日 22:07
>ふみこさん

作家さんの名前・窯元はわかりませんが、出店している場所ならわかります。

メインストリートにある、西日本新聞販売所の前を間借りしているようです。

毎年同じ場所に出店していて、もちろん今月の陶器市にもいらっしゃいましたよ。

正確な所在地は、有田町岩谷川内1丁目1-19 です。
ストリートビューでは、以下のリンク先になります。

https://www.google.co.jp/maps/@33.183651,129.891149,3a,75y,282h,90t/data=!3m3!1e1!3m1!2e0!6m1!1e1
Posted by a2me at 2014年05月13日 01:52
ありがとうございます!
今度行ってみます︎
Posted by ふみこ at 2014年05月13日 14:07
始めまして!
突然すみません。
写真で見させていただいたのですがベティーちゃんなどの置物があった店は何というお店でしょうか?わかれば教えて頂ければと思うのですが・・・!お願いします。
Posted by at 2015年06月17日 16:37
>お名前無しさん

>ベティーちゃんなどの置物があった店は何というお店でしょうか?わかれば教えて頂ければと思うのですが・・・!

お店の名前まではわからないのですが、場所はわかります。

3つ上のコメントに、ストリートビューのリンク先が記載してありますが、そこのすぐ近くですよ。

西日本新聞販売所の横に川が流れているのですが、その川沿いの細道を入っていったところにあるお店です。
Posted by a2me at 2015年06月19日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。