2009年06月04日

そろそろ意味の無いモンドセレクション。

モンドセレクション金賞受賞について

先日、スーパーで買った食品の多くが、ことごとく「モンドセレクション金賞受賞」だったので、こんなにありがたみの無い賞って何なのかな?って思い、ちょっとだけ興味を持って調べてみました。

まずは、謎のモンドセレクションに関して、こちらに詳しく書いてあります。
モンドセレクション - Wikipedia

これを読んでみると、私が個人的に感じた問題点がいくつか出てきました。
  • この民間団体の運営資金が、エントリーの際の審査料によるものなので仕方の無い事かもしれませんが、1製品につき約15万円の審査料は高すぎるのではないかと思える部分。
  • 一定の水準を満たした商品には、全て賞が与えられるという価値の低さ。まさにヘッドが連発するドキドキ学園状態。
  • 国際的にはほとんど無名の賞であるにもかかわらず、審査対象品の半分が日本からの商品であるという異様な状態。
  • 日本から出品した食品の8割が入賞しているという楽しい現実。
  • 審査基準や過程が非公表なので、どこが評価され、またどこが評価されなかったかがわからない…というより、まじめに審査しているのかもわからないという、閉鎖的で曖昧な審査内容。
  • 出品にかかる費用が商品代に上乗せされるなど、消費者にとっては非常に迷惑な部分。
といったところでしょうか。

それともう一点、モンドセレクションがそこまで日本におんぶにだっこ状態なら、もう少し日本向け公式サイトをがんばらないといけないと思います。
いや、がんばってはいるのですが、日本語訳がうまくいってません。きちんとした通訳の人にお願いすれば、すぐに解決するような問題だと思うのですが。

例えば、こんな部分があります。
モンドセレクション公式サイトの和訳
追記の表示が「多く...」となっています。
英文では、おそらく「more...」と書いてあるところです。
和訳では、「続きを読む>>」とか「もっと詳しく>>」となるところですね。
意味はすんごく伝わりますけど、ちょっと失敗ですね。

そして、こんな部分もあります。
モンドセレクション公式サイトの和訳
「ここにかちりと鳴らして下さい!。」となっています。
これは理解に苦しみますが、「ここをクリックして下さい」と言いたいのだと思います。
ここまでくると、ほのぼのとしていて、どこか癒される感じがしました。


まぁ、私個人としては、こういった部分も全て含めて、あまり意義のある賞のようには思えません。
グッドデザイン賞にも言える事ですが、肩書きに弱い日本人らしさが顕著に出てしまい、あまり良くない状態になっている気がします。

お金さえ払えばもらえる賞や、受賞商品が多すぎて、賞の意味が無い賞なら、存在する意味は無いでしょう。
存在する意味は無いで賞を送ります。


タグ:これはNG
posted by a2me at 14:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | アイディア・個人的妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
tTV9rhU9
Posted by hikaku at 2009年06月04日 15:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。