2009年05月12日

動画撮影のために「Canon EOS Kiss X3」を購入。

Canon EOS Kiss X3

最近体調を崩してしまい、病院通いをしている自分を少しでも励ますために、動画撮影機能の付いた最新のデジタル一眼レフカメラ「Canon EOS Kiss X3」を購入しました。
ついでと言っては何ですが、ある人へのプレゼント用で「EOS Kiss X2」も同時買いしています。
注文はネットでしようかとも思ったのですが、ポイント換算するとそれほど金額が変わらなかったので、実店舗で購入しました。
「EOS Kiss X3 ダブルズームキット」と、「EOS Kiss X2 レンズキット」と、「レンズプロテクター」を3個と、「スペアバッテリー」と、「SDHCカード」の4GBと8GB(Class6)を1枚ずつと、「EOSカメラバッグ」(おまけ)を2個と、ビデオ用三脚と、5年間保障を付けて19万円弱で収まったので、なかなかいい買い物ができたのではないかと思います。

ところで、今回は動画撮影ができる一眼レフカメラがほしかったので、「X3」の購入に踏み切ったのですが、私と同じような理由でカメラ購入を考えている人は結構たくさんいるのではないかと思います。
そこで、私が「X3」を選択するに至るまでに、いろいろと悩んだ事(特に機種選び)について書き記しておこうと思います。
ちなみに、静止画のみの「X2」の方については今回は特に触れません。

EOS Kiss X2とX3

動画付き一眼が必要な理由
「EOS Kiss X3」は、綺麗な写真を撮る事はもちろんですが、動画をメインで撮影するために購入しました。
動画といってもデジタルビデオカメラにあるような、画面全体にピントの合った記録映像のようなものを撮りたいわけではなく、カメラレンズの恩恵を活かしたような表現、例えば背景のボケ味を利用したような“映像作品”を撮りたかったのです。
つまり、撮影環境によってレンズ交換をする事が大前提になるので、初めからレンズが2本セットで販売されている「ダブルズームキット」を購入しました。


動画付き一眼の選択基準
動画撮影機能の付いたデジタル一眼の開発には、各メーカーが力を入れ始め、ここ数ヶ月間で続々とラインナップされています。
そこで、私なりにいろんな機種のスペックを比較してみた結果、最終的に購入しようと思った候補は、キヤノンの「EOS Kiss X3」とニコンの「D90」、そしてパナソニックの「LUMIX GH1」でした。
理想としては「EOS 5D MarkU」だったのですが、価格の問題で今回は候補から外しました。
また、先日発売されたばかりの「Nikon D5000」に関しては、動画撮影時にライブビューで使用する液晶画面が、現在主流の3.0型/92万ドットではなく、2.7型/23万ドットである事を理由に候補から外しました。
この理由はたいしたこと無いと思われるかもしれませんが、“映像作品”を撮るに当たって、液晶の荒さは致命的です。
「D5000」にバリアングル液晶モニターが付いている点から見ても、運動会やお遊戯会を、お手軽に綺麗に“記録”したい人には最適かもしれませんが、きっちり三脚を立てて、イメージした映像を形にしていく人にとってバリアングルは必要無く、液晶が23万ドットでは足りなかったという事です。


「X3」と「LUMIX GH1」に絞った
「EOS Kiss X3」と「D90」と「LUMIX GH1」の中で、最初に候補から外れたのは「D90」です。
理由は、フレームレート(1秒間に表示できる画像のコマ数)が24fpsである事と、データサイズが大きくなりがち(保存形式がAVI)で、連続での最長撮影時間が短い事です。
最大記録サイズが1280×720のハイビジョン画質で、フルハイビジョンが撮れないのは仕方が無いとしても、24fpsでは早い動きをスムーズに捕らえる事ができません。
ちなみに通常のテレビは約30fpsで、ワンセグはその半分の15fpsなので、テレビとワンセグのちょうど中間ぐらいの滑らかさですね。
ただし、24fpsは映画と同じなので、映画っぽい作品を撮るのにはいいのかも(?)しれません。
ニコンのDムービーは、まだまだ「おまけ」的な機能だと思いました。


「LUMIX GH1」の動画機能がすごすぎる
「EOS Kiss X3」と「LUMIX GH1」ではかなり悩み、結局、店頭で現物を触りまくりました。
その結果わかったことは、「LUMIX GH1」の動画機能の完成度がかなり高いという事です。
実際に動画を撮影しながらズームの倍率を変化させたり、対象物を追ってみたのですが、自動で対象物をフォーカスし続けるのには驚きました。
また、音声をステレオ録音できるのに加え、外部マイクも使用できます。
つまり、撮影中にカメラの操作音まで録音されてしまうといった事が未然に防げ、インタビュー撮影なども容易にできるというわけです。
これらの機能は、いずれも「X3」にはありません。
さらに、録画開始ボタンが単独で存在するなど、カメラの操作方法も直感的でわかりやすく、まさに家電メーカーであるPanasonicが、電化製品として作り上げた、オールマイティで高機能なデジタル一眼カメラ(レフではありません)だと思いました。
動画の保存形式が「AVCHD」と「AVI」を切り替えられるため、家電とPCの両方に対応できるという点も見逃せないですね。
正直なところ、動画撮影の機能と使いやすさという点では「X3」よりも「LUMIX GH1」に圧倒的にアドバンテージがあります。


最終的に「X3」を選択した理由
「LUMIX GH1」の動画機能が申し分ないにもかかわらず、最終的になぜ「X3」を選んだのかというと、かなり私の個人的な感情論による、どうでもいいけどどうでもよくない理由が3つだけありました。

1つ目は、カメラメーカーならではのクリエイティブな表現力と映像美です。
これはネット上にあるサンプル動画を見比べるしか方法は無かったのですが、メーカーサイトやYoutubeで確認した結果、「X3」のサンプル動画の方が美しいと感じました。

2つ目は、機械的なカメラ機構とデザイン性です。
私は機械式の物が好きなので、腕時計やオモチャも機械の仕組みに魅力を感じるし、カメラにもそれを求めてしまいます。
なので、ミラーやプリズムを使った光学式の仕組みや、シャッターを切った時のミラーが上がる機械式の音はかなり重要な要素でした。
「GH1」にはこれらの機構が一切無いため、ボディーはコンパクトですが、ファインダーを覗いた先が液晶画面というのは、ちょっと抵抗がありました。
また、カメラのデザイン性(外観)もキヤノンやニコンといったカメラメーカーのものが個人的には好みです。
パナソニックやソニーといった家電メーカーの一眼は、どうしてもコンパクトデジカメっぽいデザイン色が強く、個人的に好みではありません。

3つ目は、ブランドイメージです。
これはただ単に、個人的にCanonというメーカーを好きだというだけの話ですが、もちろんそれを上回る魅力があれば、他メーカーのカメラを購入する気満々でした。
キヤノンやニコンのカメラメーカーとしての考え方は、パナソニックやソニーといった家電メーカーのそれとは大きく違っていると思います。
効率よく確実に記録する事が全てなら、誰も「ライカ」というメーカーに魅力を感じる人はいないでしょう。
どうしてもスチールカメラは、自己表現するためのクリエイティブなツールとして発展してきたものなので、そのようなキヤノンやニコンのメーカースピリッツ自体に魅力を感じてしまうというわけなのです。


上記のような理由から、「Canon EOS Kiss X3」が私の理想的なカメラに最も近いと、現段階では判断しました。
もちろん私の超独断と偏見が入っている事は私自身よくわかっているので、便利さを追求したい人には全く参考にならないと思います。
また、とりあえず手に入れてしまったからには、使わないといけないので、今後はいろいろなシーンで動画を撮りまくって、ネット上で公開していけたらいいなーと思います。
次第に話題になりつつある「勝手広告」でも作ってみようかな?



関連するオススメ記事
ソニー「NEX-3」とキヤノン「EOS Kiss X3」の画質比べ。
EOS Kiss X3 を最新ファームウェアに変更しました。
EOS Kiss X3と手作りドーリーで動画撮影してみました。
Canon EOS Kiss X3でのんびり動画撮影。


posted by a2me at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画・写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。