2009年01月06日

長崎日大高校デザイン美術科同窓会に参加しての感想。

同窓会

1月3日は、私の母校である長崎日本大学高等学校“デザイン美術科”の第2回同窓会が開催されたので、今年もさわやかに参加させていただきました。
この同窓会は、単なる同級生の集まりではなく、第1回の卒業生から第39回(去年)の卒業生まで、そして歴代の先生方も参加されるという大規模なものです。

ちょっと遅くなりましたが、今回の同窓会に参加してみて、個人的に思った事などをまとめてみます。

参加人数は、去年は総勢200名ぐらいだったと思うのですが、今回はその半分ぐらいだったような気がします。
会場には、去年も見たことのある先輩や後輩もチラホラといて、なんとなく安心しました。
デザイン美術科の卒業生は、良い意味で自分の世界観を持った人達が多いと思うのですが、そんな人達が1箇所にこれだけ集まると、なんとも不思議な空気感があります。
心の統一感は非常に強いはずなのに、見た目の統一感が限りなくゼロに近いという風景がそうさせるのかもしれません。
また、これは残念な意味でデザイン美術科らしく、開始時間に遅刻してくる人も結構いましたが、マイペースで取り組むのは自分の作品作りだけにして、社会人としての約束とか時間はきっちり守りましょうよ!という気持ちにもなってしまいました。
山篭りの芸術家を目指しているのなら別にいいんですけどね。

卒業生の中には、積極的に展覧会に作品を出品したり、個展や合同作品展を開催したり、デジカメのデザインをやったり、ケロロ軍曹を描いたり、エロ漫画家になってたり、美術の教師をやったり、フリーのデザイナーとして活動してたり、海外でライターをしている人もいるようです。
私のように、自己中なブログをせっせと更新している人もいるのかもしれませんが、残念ながら今回はお会いする事ができませんでした。
また、私が当時目指していた東京芸術大学に、現役合格を果たした幸せな後輩もいるようですね。
このように、普通科とはひと味違った特殊なクラスという事もあり、卒業後はクリエイティブな活動をしている人達が多く、バラエティに富んだ活動内容を聞く事ができたのは良かったです。

とにかく、今回も参加してみて思った事は、そんな先輩とか後輩に負けられないぞーという気持ちというか、私もがんばらねば!というような気持ちを強く持つ事がでたという事です。
これは、「耳をすませば」を観終わった後の感情と似ています。

そして、去年からなんとなく思っていたのですが、長崎日大高校デザイン美術科の関係者だけが登録可能なSNSがあったら便利ではないかな?と感じたのです。
SNSとは、ひと言で言えばmixiのようなものです。
デ美科専用のSNSがあれば、完全に実名で登録でき(もちろん登録には細心の注意が必要ですが)、身内ネタや、イベントの告知や、自分達の活動報告や、オリジナル作品の発表や、学年を超えた繋がりが比較的簡単に構築できるのではないかと思うのです。
また、それぞれの専門性を生かした、お仕事での繋がりなんかもできるのではないかな?とも思うのです。

そんなわけで、WEB関係の卒業生がいたら、ぜひとも専用SNSを作って下さ〜い!(って他人任せ!?)
私はひとりで管理していく自信が無いので、一緒に管理してくれる数名の同志が集まれば作りますよ。
もちろんXOOPS Cube(xsns)のように、カスタマイズが難し過ぎてお手上げなものは使いません。
サーバーに多少お金の掛かりそうなものも使いません。
ここはやはり無料のレンタルSNSで決まりでしょう!(笑)
同志の連絡待ってます。

2年連続で同窓会を開催して頂き、実行委員の皆さんは大変だった事と思いますが、ホントにありがとうございました。
これからも、いろいろな形でデザイン美術科を盛り上げていけたらいいですね。


posted by a2me at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。