2008年10月29日

デザインの力で温暖化防止できないかな。

地球温暖化

地球温暖化が世界的な問題となっていますが、果たしてこれを食い止める事はできるのでしょうか?

温暖化防止のための手段はいろいろありますが、一人だけでがんばっても、大した効果はありません。
できるだけ多くの人達が、ちょっとした努力や工夫をするだけで、大きな効果が期待できるはずです。

そこで私が目を付けたのが、世界中に存在している全ての「車」のデザインを、ちょっとだけいじってみるというものです。
もしもこれが実現できたら、確実に地球温暖化の防止に役立つと思うのですが…

そのデザインの変更点というのは、屋根の部分に「ミラーシール」を貼るというものです。
本当はボンネットにも貼った方が良いのですが、運転の妨げになるので屋根だけです。
実際に施工すると、以下のような感じになります。

天井をミラー化した車

ふむふむ。デザイン的にも、なかなかかっこ良くないですか?
これは流行りそうですねー。

それでは、屋根をミラー化する事で、どうして温暖化防止ができるのでしょうか?
答えは簡単です。
宇宙から来た熱を反射させて、宇宙に戻しちゃえ!という事なのです。
歯科用ライトの反射鏡に限っては、熱をスルーさせ、光だけを反射させる特殊構造になっているらしいのですが、通常のミラーは可視光線・紫外線・赤外線などを反射させます。
これからの季節でお世話になる、遠赤ヒーターの反射板が良い例ですね。
この原理を利用すれば、下の図のようになるはずです。

赤外線を反射

真夏の炎天下での自動車の屋根の温度は、目玉焼きが出来そうなくらい熱いですよね。
これがもしミラーになったら、表面温度はそんなに上がらないと思います。
もちろんこれにより、車内温度も上がらないので、エアコンの使用を抑える事にも繋がります。
エアコンの使用が減れば、ガソリンの節約にもなり… 多くの相乗効果が期待できますよね。
この考え方でいけば、地球上に無数に存在している全ての乗用車、バス、トラックなどの屋根にミラーシールを貼れば、とんでもない冷却効果があると思いませんか?
数の力はスゴイですからね。孫悟空の元気玉が証明しています。
実際、これによりどれくらいの冷却効果があるのかというと、数学に向いていない私の頭で計算しても…
うーん、ピコピコピコ… 現在よりも、マイナス1度ですね!(超適当)

そんなわけで、この素敵なデザインが流行らないかなぁ〜と心から思っているのであります。
ぜひ、皆さんも応援してくださいね。


そういえば確か、ノーマルの状態でそんな車が存在していたなーと思って検索してみると、ありましたありました。

ブガッティ・ヴェイロン・ピュール・サン

これ、ブガッティ・ヴェイロン・ピュール・サンです。
なんて地球に優しいデザインの車なんでしょう!
世界中の人達が、この車を買えばいいんです。
…というのは大ウソ。
この車は、世界で5台しか生産されていないし、価格が2億円するとかしないとか…
到底一般人に買えるわけ無いですよ。
仮に買えたとしても、ちょっと前まで世界最速だった車という事で、どちらかというと地球環境には最悪のようですね…
おー危ない危ない。


posted by a2me at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイディア・個人的妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。