2008年10月03日

金曜ロードショーの『ハウル』に落胆。

framerate=30fps?

今日の金曜ロードショーは久しぶりに『ハウルの動く城』でした。
私は、もちろんDVDを持っているのですが、また違う感覚を味わいながら鑑賞してみようと思い、ワクワクしながらテレビをつけたのですが…
うーん、本当に、全くと言っていい程違う感覚でした…

どこが違う感覚なのかというと、再生速度が速いのです。
明らかに速い。
正直、これは『ハウル』ではない。
作品の持つ独特の“間”が完全に無視されています。
放送時間の関係があるのかもしれませんが、そんな事は言い訳になるはずもなく、できればシーンを部分的にカットした方がよかったのではないかと思ってしまいました。

今回の件では、再生速度のわずかな違いでも、作品の印象は大きく違ってくるという事を実感できたので、ある意味勉強にはなりました。
ただ、この放送を初めて見た人が、「なんか、ハウルって、あんまりおもしろくないね。」などと思ってしまったら、それは非常に残念な事です。

金曜ロードショーさん、次回からのテレビ用編集の際は、フレームレートをいじるより、シーンのカットという方向でお願いします。
そして、いつも積極的にアニメーション映画を放送してくれて本当にありがとうございます。


posted by a2me at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種レビュー記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。