2008年09月19日

あるソフトウェアのGUIについて感じた事。

グラフィカルユーザインターフェース

『勘○奉行21』というソフトウェアをご存知でしょうか?
『○定奉行21』とは、会社の総務部のPCにインストールするなどして、財務会計を行なうためのシステムです。

先日、このソフトを使用する機会があったのですが、その斬新なユーザインターフェースに、まず驚ろかされました。

ソフトを起動させると、以下の画面が現れます。

勘定奉行21

私は、この画面を見ただけで、このソフトを使う気力を無くしました。
なぜなら、全くと言っていい程、GUIを意識していない手抜きなデザインだからです。
ビジネス系のソフトウェアだけあって、お堅いイメージにしたかったのかもしれませんが、残念ながらお堅いイメージにもなっておらず、使いづらそうな雰囲気だけが漂って来ます。
このデザインでは、Vectorに掲載されているフリーソフトに笑われてしまいますよ。

デザイン系のソフト、例えば「Illustrator」や「Photoshop」や「Flash」、「Dreamweaver」なども加えていいかもしれませんが、それらのソフトは、制作者が作り出すデザインイメージや雰囲気に影響を与えないためにも、シンプルでグレー調でお堅い感じのグラフィックになっているわけですよ。
ところが財務会計ソフトの場合は、別にデザインを作り出すわけではないので、もっと個性を主張したインターフェースであってもいいと思います。
もちろんこの場合の個性とは、ただ派手なだけとかいうものではなく、使いやすい構成や、使いたくなる気持ちにさせる配色や、操作ミスを無くすような図形を使用するなど、総合的なGUIデザインの事です。
例えば、ボタンにWEB2.0風なアイコンを使用するとか、「奉行」なだけに、江戸時代ものでデザインを統一するとか、やり方はいろいろあると思うんですよね。
私の感覚では、丸みがあって、ちょっとかわいい感じのデザインの方が、使いやすさや使う楽しさがあると思うんですけど。
現在のボタンに表示してあるアイコンなら、無い方がまだいいと思いますよ。

さらに、メニューバーの表示も、ちょっと使いにくいと感じました。
なぜなら、左から順番に、「メインメニュー」「終了」「オプション」「ヘルプ」となっていて、なぜかカタカナがすべて読みにくい半角になっていたり、本来「ファイル」があるはずの位置に「メインメニュー」というものがあったり、いきなり「終了」まであります。
この「メインメニュー」が何者なのかというと、このページを表示させるためだけの、ただのボタンです。
「終了」はもちろん終了で、メインメニューの一番下のボタンと同じです。
このメニューバーには、実質「オプション」と「ヘルプ」しかありません。
それならば、比較的個性を主張しているウィルス対策ソフトにあるような、メニューバーを排除したデザインにしてもよかったのでは…

このソフトの場合、このような独自ルールの構造にする事が、はたしてベストだったのでしょうか?
総務や事務だって、エクセルやワードは使い慣れているはずなので、ある程度はソフトウェア開発におけるルールというか、ガイドラインに沿った作り方をしておかないと、使う人が迷ってしまうと思います。

ただ不思議なのは、手でアクセル操作をして、足でハンドル操作をするような独自規格で販売しているにもかかわらず、このソフトウェアがちゃんと売れているという事です。
ソフトウェアの評価をするのはお客様ですから、この結果だけから判断した場合、私の感覚の方がおかしいんじゃない? という事になるのかもしれません。
例えそうだとしても、私にはこの考えを改めるつもりは無いですけどね。


私は別に、悪意を持ってこの文章を書いているわけでは無く、もったいないなーという、残念な気持ちで書いているのです。
せっかくいいソフト(なのかな?)なのに、あと一歩、デザインにもこだわってほしかった…
ほんとにほんとに、そういう気持ちです。


タグ:UI
この記事へのコメント
弥生会計シリーズもいいですよ。
(青色申告のをフリー時代使ってました)

使えば使う程、入力が早くすることができるあの設計はとても素晴らしい思想の元にデザインされた製品だといつも感じてます。
Posted by 我流 at 2008年09月20日 12:27
弥生会計… 名前だけは聞いた事がありましたが、メーカーサイトにあるFlashのデモムービーを見て、確かに使いやすい感じが伝わってきました。(このムービー自体とてもよくできていますね)
項目をタブで管理する仕組みや、アイコンのボタンが多用されていて、目的の作業がどこでできるのかがすぐにわかりますね。
私も好きです、このデザイン。
このソフトこそ、比較対照するのにちょうどよかったです。
パッケージ製品として販売されている、同じような会計ソフトでも、完成度にここまで差があるんだなぁ〜と思いました。
Posted by a2me at 2008年09月21日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。