2008年06月19日

ミュージックビデオコンテスト“音景”が気になるなぁ。

CC MUSIC VIDEO CONTEST 2008 音景

クリエイティブ・コモンズの主催により、新感覚のミュージックビデオコンテストの作品募集が行なわれています。

 CC MUSIC VIDEO CONTEST 2008 “音景”(ON-KEI)』と題されたこのコンテストは、プロアーティスト提供の楽曲のためのミュージック・ビデオ作品と、その素材を募集するというものです。
もちろんCCライセンス付きの、その他の素材を作品内に使用する事も可能です。
また、制作した素材・作品コンテンツのライセンスは表示&非営利2.1ライセンスとなりますので、お間違えなく。
優秀作品は、今夏札幌で開催されるクリエイティブ・コモンズの年に一度の国際会議「iCommons Summit」で上映され、世界中に発信されるとのこと。これはうれしいですね。
それぞれの賞に賞金もあるようですから、やる気も出ます。


このコンテストは、主催がクリエイティブ・コモンズということもあって、作品部門に関してはマッシュアップ大歓迎(というより絶対条件?)なので、仮に制作時間が取れなかった場合でも、ラスト1日あればなんとか作品を完成させることができるかもしれません。
また、作品の応募方法に関しても簡単で、『@nifty ビデオ共有』『ClipLife』『eyeVio』『FlipClip』『Yahoo! ビデオキャスト』の5つの動画配信サイトの中から好きなところに投稿するだけです。
その際に、素材部門は「音景素材」、作品部門は「音景作品」とタグを付けるだけというお手軽な投稿方法がいいですね。

そんなわけで、今回はこの『音景』に、私も作品を出品してみようと思います。
毎度の事ながら、ブログ上で宣言する事によって自分を追い詰める作戦ですが、果たしてうまくいくのでしょうか?

このようなコンテストは、同じ映像素材を使用しても、作り手によっていろいろな表情に変化するのでおもしろいですね。
また、どの楽曲を選ぶかによっても作品が大きく変わってくるので、これは最初の大きな分かれ道です。
まずは、すべての曲をしっかりと聴き、イメージを広げ、慎重に選択したいと思います。
まぁ、時間さえあれば、すべての楽曲で作品を作ればいいわけですけど、それは無理でしょうね。
それにしても、坂本龍一さんの静かな楽曲は、映像を付けるのが難しいなぁ…


タグ:映像制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。